2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

本当にありがとう、栗。

4月22日木曜日。朝から雨が降っていましたが、気温は予報ほど低くはありませんでした。

午後12時40分頃、栗太郎のケージを覗くとエサ皿の上でうずくまっていました。
6日の夜と同じような状態です。急いでスタミノールと水で溶いたペットミルクを用意しました。
スタミノールは綺麗に完食したのですが、ペットミルクは少し残しました。
手のひらに載せてみると、体温は低くありませんでしたが、鼓動が異常に早くなっていました。
しかし前と違うのは、這ってでも手の上から降りようとしたことです。
そして床材の上に降ろすと、その場ですぐに両手両足を使って毛繕いを始めました。
この時点で、前回よりも症状は軽いと思ったのですが...

歩くのは問題無いようで、その後ハウスの屋根に登り再び毛繕いを始めました。
問題無いとは言っても、足取りは普段とは比べられないほど弱々しかったですが。
大好物のブロッコリースプラウトを1本あげてみると、普段通りに完食。
ならば、とビタシロップを持ってきたのですが、匂いを嗅いだだけで拒否されました。
しばらくすると、屋根から降りてきて今度はブタさん陶器の砂場へ。
そしてこちらに顔を向けて、じっとうずくまってしまいました。
名前を呼ぶと顔を上げるので、ミルクを差し出したのですが飲みたくないようでした。

またしばらくして、今度はハウスに戻って行きました。
と同時に、妻がパートから帰ってきたので、事の顛末を話し始めました。
話をしている途中で、ハウスから出て別荘(御影石ハウス)に移動しました。
ここでも毛繕いをしていましたが、その後はじっとしてしまいました。

時間になったので、後のことは妻に任せて私は仕事に戻りました。
とはいえ、頭の中は栗太郎のことでいっぱいです。大丈夫だろうか。元気になっただろうか。
そして午後3時50分頃。妻が「栗ちゃんが動かなくなっちゃった」と伝えに来ました。
(1階が仕事場、2階が自宅の自営業。こういう時は便利です)
2階に上がると、栗太郎がブタさん陶器の中でじっとうずくまって動きません。
妻は「栗ちゃん、栗ちゃん」と既に泣き声に...
慌てて栗太郎を陶器から出すと、弱々しいですがまだ呼吸をしています。
ただ、目は半分閉じてしまっていて、手足も動いていませんでした。
「まだ生きてるよ。まだ呼吸してるよ」と、妻に言うと「お水持ってくる」
私の手の上で栗太郎を仰向けにして、口に水を何度か垂らすと喉が動きました。
そして、あれほど弱かった鼓動がいつも通りに戻ったのです。
それだけではありません。目を見開いて、両手両足を泳ぐように動かしたのです。
それを見た妻が、ビタシロップを取りにキッチンへ走りました。
ビタシロップを飲めば元気になるよ。まだまだ長生き出来るよ。そんな思いからでしょう。
しかし、栗太郎の鼓動は徐々に弱まっていきました。

そして、戻って来たとほぼ同時に、栗太郎の心臓の動きは止まってしまいました。
私の手の上で、栗太郎はあっけなく、本当にあっけなく、眠るように逝ってしまいました。
毛並みはさらっさらです。耳もピンと立っています。どう見ても眠っているだけです。
でも、二度と栗太郎は目を覚ましてくれませんでした。

「栗ちゃん。また演技してるんでしょ。起きてよ。起きてよ」妻の言葉に私も泣きました。
本当に。演技なら充分だよ。主演男優賞もあげるよ。だから、起きてよ...栗太郎。

砂で汚れて開いていた両目を綿棒で拭いて閉じてあげました。そして二人で何度も身体を撫でてあげました。
ハウスに綿を敷き、栗太郎を寝かせました。

「びっくりしたでつか?」とひょっこり起きてくるんじゃないか。何度もハウスを覗きました。
でも、そこには冷たく硬直した栗太郎が寝ているだけです。

とりあえずは栗太郎が生前好きだった食べ物を愛用の皿に載せて、ハウスで眠る栗太郎に供えました。
明後日、天気が回復したら庭に埋めてあげようと思います。
どこに行ってもどれだけ時間がかかっても困らないようにたくさんのお弁当を持たせて...

栗太郎が亡くなったことはとても悲しいことですが、自分の手の上で看取れたことは幸せでした。
病気で長い間苦しむことが無かったことも、良かったんだよと自分に言い聞かせています。

昨夜は、我が家に来てから今までの栗太郎の写真や動画を見ながら、妻といろんな話をしました。
栗太郎の分のブログを読み返していたら、ちょっとずつですが気持ちが落ち着いてきました。

どこで読んだのかはちょっと忘れてしまったのですが、印象的な言葉があります。
「ハムスターは小さいけれど、その存在感はとてつもなく大きい」
まさにその通りだと思います。栗太郎が亡くなった今、本当にその存在の大きさを実感しています。

栗太郎に食べさせようと思ったブロッコリーやミニニンジン、スナップエンドウ。しっかり育ってるよ。
明後日にはタンポポの種が届くはずだったのに。一度、生の葉っぱを食べさせてあげたかったなぁ。




長い間本当に本当にありがとう。どれほど栗太郎に癒されたことか。どれほど元気をもらったことか。
我が家に来て幸せだったかな?楽しかったかな?もしそうならとっても嬉しいです。
栗太郎に出逢えて本当に良かった。また逢おうね。逢えるよね?ずっと待ってるよ。

栗太郎

「いいでつよ。お空に飽きたら、またこの家に来てあげまつよ。そのかわり、美味しいモノを用意しておくでつよ」
(ちょっとブレていますが、16日に撮った、本当に最後の栗太郎の写真です)

今まで栗太郎を可愛がっていただき、本当にありがとうございました。

「みなさん、ありがとでつ」

2010年4月22日 木曜日 午後3時57分 栗太郎 永眠 2歳5ヶ月16日の生涯でした。
スポンサーサイト

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

2010-04-23 : ハムスター : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ぼぶ

Author:ぼぶ
性別:♂
住処:東京都下
使用カメラ:EOS 10D & xiaostyle & HOLGA
メインサイト:ぼぶのがらくた部屋

ひまろぐ

いらっしゃいませ

月別アーカイブ

My Blog List

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。